たむかんブログ

***** 行政書士法人 田村環境事務所のブログです。

タグ:行政書士


先日受験した、産業廃棄物処理検定
無事に3人全員合格いたしました!


DSCF4646

いや~よかったよかった。
一安心です。


968名受験して560名が合格したようですね!
合格率は60%届かないくらいでしょうか。

60問100点満点で合格ラインが70点。
なかなかの試験ですね。

今後、この合格証が何かに使える日が来るのか・・・

でも、この試験に合格された従業員さんがいらっしゃる会社は
法令順守の企業になれる気がします。

毎日毎日申請書類を作成して
廃棄物漬けの私たちでも
満点はとれませでした・・・。

くやし~・・・!


ちゃんと試験対策の勉強しておけばよかったです!

来年リベンジ!!・・・は、しませんが
満点とれるレベルに勉強は続けますので
みなさん、より一層レベルアップした
田村環境事務所にご相談ください!笑


併せて、是非みなさんも
来年受験してみてくださいね~^^



最近、水銀関係の書換を希望される方が
またチラチラと増えてきました~。

東北、北陸、関東、甲信越。
あちこち書換の届出を出していますが
最近思うのは・・・・

県によって、書換の届出の方法も
許可証の書き方も違うな~と。

収集運搬の方は、昨年10月に
一部が全国統一様式になったので、
車両の変更なんかは
写真の撮り方が統一されて
とっても嬉しかったのですが
役員変更あたりは統一されてないので、
まだまだ大変です。


最近、ちょうど12自治体分の
新規許可申請書を一気に作成しましたが
新規申請も、県によって違います。

駐車場や事務所なんて対して気にしない県もあれば
ものすごく気にする県もある。
経理的基礎がとっても厳しい県もあれば、
特に気にしていない県もある。

印鑑証明を求める県もある。

搬入先の許可証の写しを
求める県もあれば求めない県もある。

石綿含有産業廃棄物だって、
廃プラ・ガラコン陶・がれきの3品目の県もあれば
紙くず・木くず・繊維くずも入る県もある。

ディーゼル車規制がある県もあればない県もある。



全国の許可をお持ちで、
行政書士に頼まずに自社で
申請している企業の方は
すごいなって思います。

最近は、更新申請だって、
新規の申請とさほど差がないですし
書類をチェックする官公庁の担当も
大変でしょうね。

なるべく、修正がないような書類を
申請できるように日々精進です。


願わくば、様式だけでなく、
記載の仕方や審査基準も
手引きまるごと全国統一してほしいと思う私でした。


田村環境事務所は、どこの県でもやりますよ!
お任せください~

『書類作って送るから、
証紙貼って申請だけ行ってきて~』

なんかも受け付けてますので
お気軽にお問い合わせくださいね。

当事務所のホームページ・・・


昨年末から急上昇中なのが、
「水銀使用製品産業廃棄物」関係のページです。

新潟県では昨年9月ごろから
希望者への許可証の書き換えが始まりました。

以降、許可の更新を迎える業者さんは
必ず、「水銀使用製品産業廃棄物」と
「水銀含有ばいじん等」を取り扱うか取り扱わないかを
明確にしなければならないこともあって、
検索される方が多いのでしょうか。


・・・運べなくなるより運べたほうがいい。


みんなそう思いますよね。

(一応、新潟県では法改正の時点で取扱いのある場合は
「含む」と記載できる。としていますが・・・)



水銀使用製品産業廃棄物と水銀含有ばいじん等に
「含む。」とつけたい場合、
変更届出にしても、更新申請にしても、
事業計画などを添付しなければなりません。

該当品目、運搬量、排出事業者、搬入先、運搬容器・・・
いろいろ書かなければなりません。


・・・よくわかんないから、行政書士に頼んじゃえ!


そう思った方は是非、
田村環境事務所にご依頼ください♪

運搬のみの業者さまは、
更新時の書き換えの場合、追加料金なしで
更新させていただきま~す^^



・・・上司に経費削減のために、
自分でやれと言われたけど
よくわからない・・・どうしよう・・・


そんな方もいらっしゃると思います。

当事務所へいつでもお気軽に
お問い合わせください。
「わからない」を解消いたします^^


・・・え。お金とる?
・・・え。たむかん暇なの?


いえいえ。
料金はいただきませんし、
暇でもありません。

まだまだ知名度の低い当事務所は、
みなさんにお名前を知って覚えていただけるだけで
十分なのです~^^

今後、なにかあった時に
(上司の無理難題に耐えられなくなった時など。)
田村環境事務所の名前を
思い出していただければよいのです~。

もちろん、水銀以外でもなんでも
お気軽にお問い合わせくださいね。

お客様からいただいたご質問は
「こんな質問ありました*」で公開できそうなものは
公開させていただきます^^

行政書士はお堅い先生様ではありません。
お気軽にお問い合わせください。
電話は主に女性スタッフがおとりいたしますのでご安心を♪

ではまた~




このページのトップヘ