最近、水銀関係の書換を希望される方が
またチラチラと増えてきました~。

東北、北陸、関東、甲信越。
あちこち書換の届出を出していますが
最近思うのは・・・・

県によって、書換の届出の方法も
許可証の書き方も違うな~と。

収集運搬の方は、昨年10月に
一部が全国統一様式になったので、
車両の変更なんかは
写真の撮り方が統一されて
とっても嬉しかったのですが
役員変更あたりは統一されてないので、
まだまだ大変です。


最近、ちょうど12自治体分の
新規許可申請書を一気に作成しましたが
新規申請も、県によって違います。

駐車場や事務所なんて対して気にしない県もあれば
ものすごく気にする県もある。
経理的基礎がとっても厳しい県もあれば、
特に気にしていない県もある。

印鑑証明を求める県もある。

搬入先の許可証の写しを
求める県もあれば求めない県もある。

石綿含有産業廃棄物だって、
廃プラ・ガラコン陶・がれきの3品目の県もあれば
紙くず・木くず・繊維くずも入る県もある。

ディーゼル車規制がある県もあればない県もある。



全国の許可をお持ちで、
行政書士に頼まずに自社で
申請している企業の方は
すごいなって思います。

最近は、更新申請だって、
新規の申請とさほど差がないですし
書類をチェックする官公庁の担当も
大変でしょうね。

なるべく、修正がないような書類を
申請できるように日々精進です。


願わくば、様式だけでなく、
記載の仕方や審査基準も
手引きまるごと全国統一してほしいと思う私でした。


田村環境事務所は、どこの県でもやりますよ!
お任せください~

『書類作って送るから、
証紙貼って申請だけ行ってきて~』

なんかも受け付けてますので
お気軽にお問い合わせくださいね。